I N D I A


by oyamanoyama

寝言

ただの寝言。
気分を害する可能性があるので注意ね。



知ってる人がいるかは知らないけど、俺には今父親がいない。
もちろん戸籍上の話で、生きてるし、普通に会ったり出かけたり金を貸したりもする。
両親が離婚した原因は言わないけど、仲が悪くて離婚したわけではない。

俺には兄と姉がいる。

兄貴は知っての通り長い間ニートで、最近やっとコンビニのバイトを始めた。
俺が思うに彼は人と接するのがとても下手だ。
もっといえば、接し方がわかってない。
これも詳しくは言わないけど。

姉もいる。
彼女は今大学生活を、遠い地で謳歌している。
ぶっちゃけ本島から離れてる。
なぜそんなところへ行ったのか。
彼女は高校3年の夏、なぜか映画撮影を始めた。
結局なあなあになったが、それ以降もバンドをやったりと、勉強以外のことにも力を入れてしまっていた。
その結果、志望校への入学はかなわず、遠い地にある大学へ通うはめになった。



母は2人に対して、たぶん少しは危機感を抱いていたりするかもしれない。
兄には虚言癖があり、生活も不規則で、物事の優先順位もわかってなく、そのせいで定職に着くこともできていない。
姉には少し気まぐれというか、幼稚で考えが甘い部分がある。
大学には進学したものの、男にべったりでわけわからんことなったり、休学したりと、母の心臓を握っては離してを繰り返している。


そんな上二人を見ていたからかはわからないけど、俺は中2のころは、一歩引いて物事を考えれたし、勉強もできていて、70人ほどと少ない人数ながら、学年で1位2位を争うほどだった。

自意識過剰かもしれないけど、俺は期待されていた。



と、昔の話をしてもしょうがない。
今の俺はかつての姉のように身勝手で、いずれは兄のようにコミュニケーションに障害を持ち、定職にもつけないような人間になってしまうかもしれない。


なんでこうなってしまったんだ。


俺は人のせいにしたいと思ってる。
俺が小さい頃、兄は邪知暴虐で、俺のことを卑下し、使いぱしっていた。
俺は我慢することしかできなかった。
そうして我慢しているうちに、俺は兄や姉よりも一歩下がって遠慮しなければならないと思うようになった。
人前でも遠慮するようになった。
祖母のお茶仲間にお菓子をすすめられても最初は遠慮からはいった。

今でも兄貴は家庭内に蔓延る悪だと思ってる。
特にニートだったころは。

もう我慢できない。
子供の頃から好き勝手やって、今でも仕事しないで好き勝手遊びほろけてる。
そんなんが許されるんだったら俺だって勉強はしない。
小さい頃から耐えてたのに、何で俺は苦労して、死にたくなる日もあって、悩んで悩んで生きてるのに、あいつは何も考えないでわがまま言って偉そうに生きてるんだ。
じゃあ俺ももう苦労しなくていいんだ。勉強なんてしたくない。
そう思うようになった。


こうやって理由をこじつけて自分を正当化してる。
俺も兄も正しくない。

そうわかってるのに、どうすることもできない。


弱い人間だ。

こうやって同情を誘っているうちは、成長なんてできない。
[PR]
by oyamanoyama | 2011-01-10 02:54